会社案内
製品案内
大亀製作所の強み
採用情報

設計から最終製品まで、自社一貫体制で行います。
「ピーチシステム自動鋳造設備」

新造型機と模型収納庫を組み合わせた
日本初の生産システムです。高品質で
少ロット生産を低コストで可能にしました。

お客様のニーズを最優先に考えた結果、生産性も向上しました。
当社の生産ラインは、 ピーチシステム自動造型ラインを核に、 溶解設備、砂処理設備、注湯設備(自動注湯機)、後処理設備などにより構成されており、すべての鋳造工程を自動的に一貫生産しています。 さらに、 集中管理システムを採用し、 各工程の管理・制御を操作パネルにより、 容易に行なうことができ、保全管理・品質管理体制を確立しています。 また、 新ラインの導入によって、 当社の生産力は大幅に増強され、 同時に少人数での稼動が可能となり、 数段すぐれた生産性を発揮しています。 当社では、この他にも鋳造設備をはじめ、 機械加工設備など積極的な設備投資を行い、 常にお客様の多種多様な新しいニーズにお応えしています。
設計から鋳造・加工まで全てが自社一貫体制です。

鋳造はまず、仕様書に基いた鋳造品の設計、鋳造方案(製品レイアウト)の検討から始まります。鋳造製品に加工が必要な場合は加工設計も行います。次に鋳型製作に必要な模型を製作します。当社は、こうした素材設計から、造型、鋳込、最終の製品加工、さらに各工程ごとの検査システムに至るまで、すべて自社一貫体制で臨んでいます。これは、「納期絶対」を目標とした当社の顧客至上主義の現れのひとつといえます。

一貫した品質管理体制

溶解炉(電気炉)で鋳造用原材料(銑鉄・スクラップ)を溶解して溶湯を作ります。これを鋳型に流し込み(鋳込)、冷却後、鋳型から取り出し(解枠)、不要部分を除去します(堰折)。
さらに、ショットにより砂落しを行い、鋳肌を清掃し、検査後異常がなければ、製品として出荷されるものと、加工工程に回るものに分かれます。
製造中の湿度の変化等、些細なズレが製品に影響を与える為、設計だけではなく、製造・加工現場も含む全社での取り組みが当社の品質を支えています。